幸志郎への果たし状

採用サイト

スクロールすんべ

自然に生きる 自然に生きる

西村幸志郎が、
その半生を語る

ここが、
西村幸志郎を作った場所。

雑味なし、切れ味鋭く、透き通るほどピュア。
100%自然由来の男、西村幸志郎が今、自らを作り、育てたオホーツクの海と、やさしくも厳しい山を語る。

其の壱

海

オホーツク海、
ここが俺の原点だ

北の大地の北東、樺太や千島列島、カムチャツカ半島などに囲まれたオホーツク海。
一度は憎み、背を向け、それでもまた、帰ってきた場所。
吹きつける風と、打ち寄せる波の音を聴きながら、幸志郎は力強く頷いた。

詳しく見る

其の弐

 山

山が、また立ち上がる
ことを教えてくれたんだ

順風満帆、誰もが羨むような人生だが、その実、絶えず困難の連続だった。
それでも、幸志郎は前を向く。
この山で滑って、転んでも、何度だって立ち上がったあの日とまるで同じように。

詳しく見る

其の参

雪

大丈夫、その雪は
俺が融かしてみせるから

変えられるものと、変えられないもの。
それに向き合う心を教えてくれたのは、湧別の厳しい冬だった。
いま、幸志郎は人と、仕事と真っ直ぐに向き合う。やがてくる、春を信じながら。

詳しく見る

魂の叫び

抱えた想いは
吐き出さないと意味がない。

下のボタンを押してみな。
俺の叫びが聞こえてくるぜ。

気になる言葉があったなら、
さらにもっかい押してみな。